BIOGRAPHYAbout Junichi Matsumoto

Japanese / English

松本淳一 作曲家

受賞歴

2014日本アカデミー賞優秀音楽賞
(是枝監督「そして父になる」)

2011エリザベート王妃国際音楽コンクール
作曲部門ファイナリスト賞

 

2009年アイスランド芸術大学大学院作曲修士課程に留学。
2011年帰国後、世界的なクラシック音楽の登竜門として名高い
エリザベート王妃国際音楽コンクール作曲部門でのファイナリスト賞獲得を皮切りに、TVCM映画TVドラマJpop舞台音楽等幅広い分野で活躍。
2014年には是枝監督作品 「そして父になる」で日本アカデミー賞音楽優秀賞を受賞。2016年に売り上げ累計600万部を越える大ヒットアニメ「魔法使いの嫁」(原作ヤマザキコレ)の劇場版TV版共に音楽を担当している。2017年には日本台湾ドイツ香港合作映画「ミスター・ロン」(SABU監督チャンチェン主演)にて音楽担当しベルリン国際映画祭コンペティション部門に選出された。
またアートの分野においても活動めざましく、
増田セバスチャン作品「Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-」とSONY新技術「Sonic Surf VR(SSVR)」の為のオーケストラ作品を制作(@箱根ポーラ美術館)、ダンサー森山開次とは二度目のタッグとなる新国立劇場オペラパレスでのバレエ委嘱作曲が2020年夏に控えるなど、様々な媒体や分野を通し音楽で人々に感動を与え続けている。

 

 

主な仕事

  • MOVIE

    『ダンシング・マリー』(2019年)/『JAM』(2018年)/『ハッピー・メール』(2018年)/『ミスター・ロン』(2017年)/『めがみさま』(2017年)/『魔法使いの嫁 星待つひと』(2016-2017年)/『ハピネス』(2017年)/『天の茶助』(2015年)/『くるみ割り人形』(2014年)/『そして父になる』(2013年) etc.

  • TV

    BSテレビ東京『W県警の悲劇』(2019年)/TOKYO MX『魔法使いの嫁』(2017年)/NHKスーパーハイビジョン8K22.2chコンテンツ『千体仏の小宇宙 ~京都・三十三間堂~』(2016年)/テレビ東京『廃墟の休日』(2015年)/日本テレビ 24時間テレビドラマ『今日の日はさようなら』(2013年)etc.

  • TVCM&VP

    『イーオンキッズ』『パピコ/グリコ』『Be.Okinawa』(2018)『資生堂』『ナショナルジオグラフィックス』『鳥取県湯梨浜町プロモーション』(2017)『パークハイアット東京』『WB house』『名鉄ミューズカード』『伊豆しゃぼてん動物公園』『MOT KITCHIN 伊藤忠 都市計画』(2016年)『レディースアデランス』『京都きもの友禅』『ユニー アピタ・ピアゴ』(2015年)『大正製薬 ゼナジンジャー』『ライオン 休足時間』『富士通エフサス』『P&G ソチ5輪フィギュア男子お母さん、ありがとう編』『武蔵野銀行』(2014年)『アメリカンホームダイレクト』『PANASONIC INDIA』『クーパービジョン』『ATSUGI』『SUBARU』『ONE PIECE GRAND STORY 電伝虫Discovery TV』(2013年)『貝印 ブレンディア』『三井不動産レジデンシャル』(2012年) etc.

  • CD

    安藤裕子『ITALAN』 Tr.1/6/7(2018年) NHK『みんなのうた』真依子「傘のさせない路地」編曲担当(2017年) 真依子『sou-sei』Tr.2/3/6/7編曲担当(2016年) 安藤裕子『あなたが寝てる間に』Tr.1「森のくまさん」編曲担当(2015年) チームしゃちほこ『ひまつぶし』Tr.10「明け星」編曲担当(2014年) etc.

  • STAGE

    箱根ポーラ美術館『Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙』増田セバスチャン×クロード・モネ音楽担当(2018年11月期)/KAAT『不思議の国のアリス』森山開次作品 (2017・2018年) 音楽担当/ダンスカンパニーMOKK『地樹なく声、ピリカ』(2017年)音楽担当/miracle vell magic show『ようこそ、ユメミルユガミノ国へ。』(2015年) 音楽担当/俳優座『巨人伝説』(2014年) 音楽担当/ダンスカンパニーMOKK『ヴァニッシング・リム』(2014年) 音楽担当/冨士山アネット『八』(2012年) 音楽担当 etc.

  • OTHERS

    リブマックスピクチャーズ ピクチャーロゴ担当/ルーセントピクチャーズ ピクチャーロゴ担当/ソニー&美ら海水族館『45th Sony Aquarium』(2013年) 音楽担当/ etc.

    ETC.

MORE

_DSC7296

Junichi Matsumoto

Compose, Arrange, Piano, Keyboard, Programing etc…

Junichi Matsumoto was born on the 20th April 1973 in Kushiro, Hokkaido.

Upon graduation from Highschool, Matsumoto moved to Tokyo to attend Kunitachi Music College, majoring in Composition.
At the age of 21, Matsumoto composed the musical piece 《Aia no inori》
and came first in the 1994 International Electone Concours (IEC). Since then,
Matsumoto has worked as a musician/composer
and has been invited to teach and perform in several countries.
In the winter of 2010, while obtaining his Masters in Composition at the Iceland Academy of Arts,
Matsumoto was invited to perform alongside the highly acclaimed Musician, Johan Johansson in Reykjavik.

After returning to Japan, Matsumoto continued to perform in many international competitions
and received the 2011 Queen Elizabeth International Music Composition finalist award in Belgium.

Since 2013, Matsumoto has been composing for films and TV advertisements
and has created many famous jingles known throughout Japan.
His work was further recognized when he composed for the award-winning film 《Like Father, Like Son》, for which he won the 37th JAPAN Academy Award of Excellence.
His latest works include the soundtrack for the popular movie 《The Nutcracker》
directed by the widely acclaimed director Sebastian Masuda,
and also the score of 《The Chasuke’s Journey》selected to 65th Berlin Film Festival (competition).

Matsumoto is the leader of the unique group [MATOKKU], which is made up of a thereminist and an Ondes Martenot player (both very rare types of musician) plus Matsumoto himself on piano, computer and so on.